copy

一文字幕新調のまめ知識

小林将人 【 投稿者:小林将人   |  投稿日: 2016-11-04】

IMG_20150126_155101

なかなかメンテナンスの出来ない舞台幕。

その中でも、一文字幕は取付けっぱなしで、何か問題が起こらないと補修や交換はしない施設が多いと思います。

さて、交換する時に真ん中にある校章はどうしていると思いますか?

IMG_20150224_164619

予算が有り余る施設様でしたら、本刺繍でゴージャスに新調されてもよろしいかと思いますが、あまり予算を掛けないようでしたら、再利用を推奨しております。

生地に直接刺繍する本刺繍とは違い、アップリケ刺繍でしたら再利用可能です。

img_20161029_095819

前回、補修させて頂いた学校様の校章のアップ写真ですが、アップリケ刺繍の周りに、旧一文字幕生地が2枚も付いているのがわかります。

こちらの一文字幕のアップリケ刺繍が、2回再利用しているのがわかります。

3代目の一文字幕なんですね。

歴史あるアップリケ刺繍ですから、後世まで伝えたいものです。

 

【ブログカテゴリー:インテリア,カーテンクリーニング,ソーイング