カーテンボックスにロールスクリーン取付 

先日、保育施設事務所受付にロールスクリーンを納品させて頂きました。

取付場所は、天井でも壁でも無くビスで取付困難な場所。

よく施設などのRC造建物にあるスチールやアルミで出来ている、

据付型カーテンボックスに取付けです。

ロールスクリーンのブラケットを付けてしまった写真ですが、

こんな時は、カーテンボックス内にレールの段差があり、

取付ブラケットをビスで止める事は容易ではありません。

そこで登場するのが 誰でも簡単に後からレールに取付られる

 

カーテンレール製品の老舗、TOSOさんのニューリブという商品

(病院のベット間の間仕切り用に使ったりするニューリブです)

にある部材の一部を使います。

ボルト・ナットのナットの部分が細長い部品をレールに入れ、

ボルトを締めると、レールの中で回転してくれてレールに取付けられるようになっております。

レールをビス穴等で傷める事もないので、またカーテンを吊りたいと思った時も使用できますし、

賃貸物件等の現状復帰が必要な時でも、この部材があれば退去時の現状復帰も問題ありません。

カーテン・カーテンレールで特殊な取付でも、4万件以上の納品実績のノウハウで

あなたのご要望をかたちにさせて頂きます。

小林 将人でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です