ローリングタワーでも絶対必要!!「足場の組立等作業主任者技能講習」

こんにちわ。「水曜どうでしょう!」を真似て、「水曜たんとうしゃ!」のインテリア・小林ですww

わたしの人生でも、髪型を似せて天然パーマで本日も頑張っております。

 

さて、本日は舞台幕の交換で多様する足場(ローリングタワー)についてご紹介したいと思います。

弊社では、2セットのローリングタワーを保有しておりますが、

今のローリングタワーは高性能で、最高床高さが何と7mまで設置できるすぐれものです。

写真は2段目の床高で作業しているので、約3.6mぐらいの高さです。さらに2段高くなるのですから、チジコミアガリマス・・・。

こちらも2段目の作業です。

4段に組めば、体育館の照明交換もできるぐらいの床高です。

ローリングタワーの組み方が悪く、倒壊や転落すると、命の保証はありません。

また、個人のお客様もそうですが、官公庁関係のお仕事ですと、万が一があっては仕事も来なくなってしまいます。

高所手当を頂ければ、うちの奥様は喜ぶんでしょうけど、作業者本人の本音は ※ ※ ※です。

幸いうちの会社もとっても社員思いで、

足場の組立等の作業主任者技能講習には、参加させて頂きました。

2日間みっちり、睡魔と闘い修了させて頂きました。

足場を組み立てる時は、必ずこの修了証を持っていないと行けません。

最悪な事態が起こってしまったら、ご発注者にも責任が及ぶことがあるそうですので、業者選びは慎重に行って頂きたいと思います。

 

昨日営業が、MAX7mの高所作業で暗幕カーテンを取り付ける見積を提出したそうです。

もう、チジコミアガッテマス・・・

以上、小林 将人でした。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です