新築物件レール補強と新規カーテン取付

先日新築物件の高齢者施設様の多目的室にカーテンを取り付けて参りました。

外は寒いのに、ここはポカポカ陽気です。

日差しが良く入ってくるように設計されたみたいですので、このシーズンは西日対策が必要との事。

建築会社様の方でカーテンレールを取り付けてありますが、

ちょっと心配なレールが付いておりました。

カーテンボックスの下地(取付ビスが強固に取付けられる下地)はキチント入っているのに、C型レールを取り付けるとは。。。

 

重いカーテンを取り付けると、ランナーの滑りが悪くなったり、ジョイント部からレールが垂れ下がり、カーテンの開閉がスムーズにできなく、強引に引っ張った場合、カーテンが破損する事があります。

末永く快適に使用するためには、特に高所はカーテンレール選びを慎重にご検討頂きたいと思います。

お施主様の意向で予算をかけないで補強することとなりました。

今回はレースカーテンのみでしたので、C型レールの耐荷重はクリアーしてますので長くお使いいただけると思いますが、厚手のカーテンを付けると、5年後ぐらいにはレール交換しなければならないと思います。

特に高所や、一般家庭にはのちのちレール交換する羽目にならないよう、慎重にカーテンレールをお選びください。

以上、小林 将人でした。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です