copy

カテゴリー別社員のブログ:ソーイング

ブラインド等のひもの事故に気を付ける対策

小林将人 【 投稿者:小林将人   |  投稿日: 2017-10-28】

消費者庁 ひも事故に気を付けて

昨年消費者庁からブラインド等のひもの事故で注意喚起されています。

平成22年から平成26年の5年間で、3件の死亡事故がある。

ひもの事故

窓装飾を生業としているわたしたちも、その危険性を常に発信して、

お客様にご提案していかなければなりません。

消費者庁ホームページにある上の写真ですが、チェーン式のシェードに首を吊ってしまっています。

メーカーは、チェーンクリップでチェーンを上部で止めておく簡易な防止策しかうたっておりません。

日常で、開け閉めするたびにチェーンクリップからチェーンを外し、操作し終わったらチェーンクリップをする。

そんな簡単な動作ですが、時には忘れてしまう事もあるでしょう。

 

今回のお客様は、プレーンシェードチェーン式(ドラム式)に首吊り防止の対策をしたいとお問い合わせがありました。

 

シェードの機能部も実はTOSOさんの製品を使っております。

早速、TOSOさんの営業マンと打合せしました。

 

ロールスクリーンのオプションパーツにセーフティープーリー(以下、S.P)があります。

se-hutexi-

S.P下側チェーンに負荷がかかると、S.Pが分割して下側チェーンごと落下してくれる。

理論上は、ロールスクリーン用チェーンとシェードチェーンの規格は同じなので、イケるはず。

ただ、TOSOさんも製品としてはやったことが無いとの事でした。

 

先ずは実験。

IMG_20171005_110706

サンプル出荷して頂きました。

IMG_20171005_111026

IMG_20171005_111500

無限ループのチェーンを組み込んで頂き、動作確認できました。

IMG_20171005_112115

とにかく、実験。

IMG_20171005_112122

ちゃんと外れました。

IMG_20171005_113016

首回りが赤くなってしまいました。

チェーンの通常動作の負荷にも耐え、それでいて万が一の時には外れてくれる。

チェーン操作に重たく重量がかかるシェードには向かないと思いますが、

なかなか良い製品だと思います。

 

レースのシェードを連窓で4台付けさせて頂きましたが、お客様からも感謝いただき、

こちらこそ、ありがとうございました。

メーカーに無い、いいとこどりの最新製品でしたが、ご採用いただきまして誠にありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

【ブログカテゴリー:お知らせ,インテリア,カーテンクリーニング,カーテンリース,キャンペーン,ソーイング,リフォーム事業,未分類

本当は気管支が弱いんです。

小林将人 【 投稿者:小林将人   |  投稿日: 2017-05-16】

IMG_20161217_100039

最近体育館に入ると、舞台幕のホコリの蓄積具合が臭いで分かるようになりつつある小林です。

実は、ホコリ等のハウスダストアレルギーを持っているんじゃないかと、会社の健康診断の折にオプションで検査して頂いたら、アレルギーは無いとの回答がきました。。。

IMG_20161217_131004

独特のホコリ臭さや目が痒くなるような舞台では、卒業式や式典は迎えたくないものです。

施設様でも、予算は掛けられないのが実情だと思いますが、

弊社のバキュームクリーニングでしたら、安価でご納得頂ける仕上り、とお褒めの言葉を良く頂きます。

IMG_20161217_112912

丁寧な仕事と定評のある、和光インテリアの緞帳クリーニングを是非一度お試しください。

もちろん、緞帳の修繕や新規縫製も、業販価格でご提供させて頂いております。

IMG_20161217_141020

今年度も、出来るだけ多くの舞台幕についたホコリを無くし、晴れの卒業式で生徒様や来賓の方にまで喜んで頂ける様、社員一同頑張りますので、皆様からのお問い合わせをお待ちしております。

 

【ブログカテゴリー:インテリア,カーテンクリーニング,ソーイング,未分類

卒業式前の緞帳修繕

小林将人 【 投稿者:小林将人   |  投稿日: 2017-04-18】

スタッフブログ放置していて申し訳ありません。

様々な方が積極的にご覧頂いているようで、これより心を入れ替えて

スタッフブログ更新をがんばりますので、これからも応援よろしくお願い申し上げます。

ちょっと古い現場なのですが、今年2月の現場事例をご紹介させて頂きたいと思います。

IMG_20170126_125609  正面からの写真  IMG_20170126_125638後からの写真 IMG_20170126_125633 後アップ写真

かなりくたびれている緞帳ですが、もう交換でしょうけど予算が。。。と、

ご担当者から一報頂きました。

もちろん、新規で交換された方が長く使えると思いますが、こんな時はどうなさいますか?

弊社からの提案は、

①緞帳を回収させて頂きます。

②そのまま縫製工場へ入れると、他の新規カーテンが汚れる可能性があるので、

 一度、バキュームクリーニングで綺麗にさせて頂きます。

③表地の裂けてしまっている所を、巾単位で似寄生地と交換させて頂きます。

 もちろん裏地も裂けているところを巾単位で似寄生地と交換します。

IMG_20170126_125644裏地交換後。

④今回は舞台中央の修繕でしたので、取付時はワザと左右逆に取付ます。

 綺麗になった代りに、逆に目立ってしまうので、袖幕の後ろに来るように取り付けました。

 

高所作業も2回の工程ですが、バキュームクリーニングとセットで提案させて頂けると、

バリュー価格でご提案できます。

 

周年の催しや、舞台(体育館)改修工事等で、舞台幕の新規縫製・修繕は、

是非、弊社へお任せ下さい。

以上、小林 将人でした。

【ブログカテゴリー:インテリア,カーテンクリーニング,カーテンリース,ソーイング,リフォーム事業,日常の事,未分類

« 以前の投稿 新しい投稿 »