カーテン縫製工場の秘密メカ 「はたらくミシン」 その1 

今回は、カーテン縫製の過程で使われる特殊なミシンをご紹介したいと思います。

あなたなら、下の画像ミシンはカーテン縫製のどの部分を縫うと思いますか?

これを見ただけで分かったあなたは、縫製道1級ですww

液晶パネルまで付いているこのミシン。

どこを仕上げる特殊ミシンでしょうか?

更にもう一枚。

 

じらしてすみません。

スタッフが、数字をインプット

カーテンをセット

カーテンをミシンから出ているツメでキャッチ

真ん中にあるダブル包丁みたいので、みじん切りでもするのでしょうか?

カーテンに押し付けて、あっと言う間にカーテン上部のつまみ型が完成!!

つまみ型をプレスしながら縫製して、簡単に3つヒダが完成。

スタッフもバリバリの縫製経験者と思いきや、縫製経験ゼロで入社してくれました。

今は便利なミシンがあるので、未経験者でも均一なクオリティーの縫製が出来ます。

IMG_20141212_102951[1]

実は、この「誰でもできちゃうツマミさん」特殊ミシンは2台あり、

ひとりで2台あやつってます。

老人ホームや病院・ホテル・一般家庭・取引業者様から

大量に縫製依頼を頂いても同じクオリティーで、納期もきっちり。

 

10月から縫製依頼をいただける業者様が増えました。

業務多忙につき、スタッフを若干名募集しております。

老若男女・経験不問ですので、お気軽にお問い合わせください。

以上、小林 将人でした。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です